1. TOP
  2. ヘアケア
  3. 【くせ毛必見】洗い流さないタイプのくせ毛用トリートメントを4つ厳選!

【くせ毛必見】洗い流さないタイプのくせ毛用トリートメントを4つ厳選!

くせ毛に効く洗い流さないタイプのトリートメントを探している!という方はいませんか?

朝、ヘアスタイルがまとまらなくて困る、せっかくセットをしてもすぐにウネってしまう…そんな時、洗い流さないタイプであれば、それ1本で、昼間でも夜でも使うことができるので便利。

でも、「洗い流さないタイプのトリートメントはとても便利!」という声が多い一方で、「くせ毛にあまり効果がない…」という悩みをお持ちの方も少なくない現実があるようです。

そこで今回は、くせ毛に効く洗い流さないタイプのトリートメントを探している人に向けて、
・くせ毛に効くトリートメントの選び方
・くせ毛に効くトリートメント成分
・くせ毛に効く洗い流さないタイプのトリートメントを4つ
ご紹介します。

くせ毛に効くトリートメントの選び方

ひとくちに「くせ毛」といっても、色々なタイプがあります。
また、くせ毛になる原因も様々。

なので、くせ毛に効くトリートメントを選ぶためには、まず自分のくせ毛にはどのような特徴があるのか?ということを分析し、くせ毛になる原因もなるべく排除するような対策をしながら、自分に合ったトリートメントを選ぶことが必要です。

くせ毛のタイプ

(出典:http://vita-blog.jugem.jp/?eid=94)

●波状毛タイプ
大きくうねっている
細くウェーブになっている

●捻転毛タイプ
細くねじれている
バネのようになっている
髪の毛が伸びると重みで伸びるのでくせ毛のようにみえない

●連球毛タイプ
数珠がつながったようなくせ毛
一見ストレートに見えるが、触るとザラザラする
髪が切れやすい

●縮毛タイプ
細く縮れている
黒人の方の髪のような強いくせ毛

くせ毛になる原因

くせ毛の原因は先天的(遺伝)なものと後天的なものがあります。

●先天的(遺伝)
・くせ毛は遺伝するので両親がくせ毛の場合、子どもも90%以上の確率でくせ毛になるといわれています。

●後天性
・ヘアカラーやパーマなどによる薬剤のダメージ
・摩擦(手で触る・寝具でこすれる・髪と髪の摩擦)
・ドライヤーの熱
・紫外線
・ホルモンバランスの乱れ(思春期・妊娠・産後・更年期など)
・毛根の詰まり
などがあります。

後天性のくせ毛は自力で直せる?

後天性のくせ毛の場合は、なるべくその原因を排除し髪に負担をかけないようにすることで、くせ毛が改善されることもあります。
しかし、ホルモンバランスの乱れについては自分の意思で改善できるような事ではありませんし、摩擦を防ぐのも難しいです。
カラーやパーマ、ドライヤーについても、どうしても必要という人も多いと思います。

ですから、くせ毛を改善するために積極的にできることといったら頭皮を清潔に保ち、毛根の詰まりを改善することくらい。
でも、それだけでは、くせ毛を真っ直ぐに治すというところまではたどり着けません。

そこで、トリートメントを使うことがおすすめです。

でも、ひとくちにトリートメントといっても、たくさんのメーカーが様々な商品を販売していますし、手軽に使える洗い流さないタイプのトリートメントも数多くあって、くせ毛に効くのはどれなのか?自分に合うものはどれなのか?選べないという人も多いのではないでしょうか。

洗い流さないトリートメントのタイプ

洗い流さないトリートメントのタイプは、オイルタイプ、ミルクタイプ、スプレー(ミスト)タイプなどがあります。

●オイルタイプ
ドライヤーやアイロンなどの熱から髪を守る効果が高く、ツヤのある髪になれます。

●ミルクタイプ
油分以外の成分も配合されており、サラサラとした使用感で、オイルタイプのようなベタツキを感じずに使うことができます。

●スプレー(ミスト)タイプ
スプレーして使うタイプです。
濡れた髪にも乾燥した髪にも使うことができ、手軽に使用できます。
しかし、髪に塗るタイプ(ミルク・オイルタイプ)に比べると髪への成分の浸透力が低いので、くせ毛をしっかり矯正できない場合もあります。
その場合は、夜はミルクタイプ、朝はミストタイプというように、ほかのタイプと併用して使うと効果的です。

また、スプレータイプの場合は上手に使わないと顔や首などにトリートメント成分がかかってしまうことも。
さらには、家具や床にスプレーがかかり、成分によっては床が滑りやすくなるというようなデメリットがあります。

洗い流さないトリートメントの失敗しない使い方

せっかく洗い流さないタイプのトリートメントを買って、お風呂上りや朝の忙しい時間のスタイリングに役立てようと思ったのに、なぜか失敗してしまう…という人も多いようです。

上記でご紹介したように、洗い流さないタイプのトリートメントは、オイルタイプやミルクタイプ、スプレー(ミスト)タイプなど色々あり、その成分も様々です。
そして、使い方も様々。
商品によっても使い方は少しずつ違いますし、濡れた髪に使うのか、乾いた髪に使うのかによっても使い方は違ってきます。

●使い方を確認
トリートメントを購入したら、まずは使い方をしっかり確認し、その使い方通りに使ってみましょう。
なんとなく、手に付けて髪に塗ってドライヤーで乾かして…という使用方法だと、くせ毛に効かないこともありますよ。

後ほどご紹介する「洗い流さないタイプのトリートメント4選」では、それぞれの使い方も併せてご紹介しています。
参考にしてみてください。

●着けすぎないように注意
オイルが入っているトリートメントでは、たっぷり使ってしまうとベタつきやすいです。
くせ毛を真っ直ぐにしたい…と思うがあまり、多めに使ってしまう人も多いのですが、ベタつきを抑えるためにも、表示されている使用量の目安よりも少な目で試してみてください。

●試供品やミニボトルで試す
世間がどんなに良い!というものであっても、自分にとって良いものかどうかは使ってみないことには分かりません。
なので、もし試供品が手に入れば試供品で、入らなければなるべく小さいサイズの商品を購入して使ってみてください。

くせ毛の人におススメなトリートメント成分とは?

くせ毛の人におススメなトリートメント成分としては「シリコン」です。
それは、シリコンが髪の毛をコーティングし、くせ毛の原因(摩擦や乾燥など)から保護をしてくれますし、重みによって髪が伸びるからです。

くせ毛におススメ成分はシリコン

(出典http://www.viceviza.com/article/000029/)

最近は、シャンプーなどのヘアケア商品においてシリコンを使っていない「ノンシリコン」が増えてきました。
なので、シリコンって害があるのでは?と思う人も多いようです。
実は私もそう思っていました。

しかし、くせ毛にはコーティング力の高いシリコンが必須。
なので、「くせ毛の人におススメなトリートメント」には「シリコン入り」をおすすめします。

とはいっても、害があるかもしれないものをおススメするわけにはいきませんし、私自身も使いたくありません。
ですから、シリコンについて調べた情報をご紹介します。

●正しく使えば害はない
シリコンをトリートメントで使うのは、問題はありません。
ただ、地肌に着いたままにしてしまうのは、やはり良くありません。
それはシャンプーや石鹸などでも同じで、本来皮膚の上にあるべきものではない成分はきちんと洗い流すことが必要です。
とはいってもシリコンは水で流しやすい成分。
なので、殆ど頭皮に残ることはないといわれていますが、万が一、頭皮にシリコン成分が残ると、肌荒れや毛穴の詰まりの原因になるので、しっかり洗い流すようにしてください。

●なぜノンシリコンシャンプーが増えているの?
トリートメントではなくシャンプーの話になってしまいますが、最近、ノンシリコンシャンプーの数はどんどん増えています。
そして、シリコンが入ったシャンプーは「悪」のように言われていたりします。

では、なぜノンシリコンシャンプーは良いといわれているのでしょうか?

それは、シリコンは髪をコーティングする作用があるもので、洗浄成分ではありません。
つまり、シャンプーにはシリコン成分は不要。
頭皮に残ってしまう可能性があるシリコンをシャンプーにわざわざ使う必要はないということなのですね。

それに、コーティング作用のあるシリコンで頭皮を洗うというのはおかしな話。
シャンプーは、髪の毛をツルツルにコーティングするためのものではなく、頭皮の洗浄をするためのヘアケア用品です。

つまり、
・シャンプーにはシリコンは不要
・すすぎが足りず頭皮に残ると肌荒れのリスクがある

このような理由で、シリコンが入っているシャンプーは「悪」と捉えられてしまっているようです。
なので、「悪」のシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーが増えているのですね。

でも、髪の毛をツルツルにコーティングするためのトリートメントにはシリコンが入っている商品が多いです。
とはいっても、ノンシリコンの商品もあります。
しかし、くせ毛の人にはシリコン入りの商品がおすすめです。

●くせ毛にシリコンが良い理由
先ほども触れましたが、シリコンには髪をコーティングする作用があるので、くせ毛の原因である摩擦やドライヤーの熱から髪を守ることがでできますし、空気の乾燥や湿気などから髪を守ることもできるので、くせ毛の予防に効果的です。

また、既にくせ毛になっている部分にはシリコンで髪の表面に皮膜を作り、その重みによってくせが伸びるのでヘアスタイルが落ち着きます。

シリコン入りのトリートメントを使わないほうがいい人もいる!

ここまで、「くせ毛にはシリコン入りのトリートメントがおすすめ」としてきました。
しかし、くせ毛であってもシリコン入りを使わない方がいい人もいます。

・シリコンにアレルギーがある、肌質に合わない
・やはりノンシリコンにこだわりたい

このような人は、くせ毛であってもノンシリコンのトリートメントを使いましょう。

また、
・髪の毛が細くて少ない
という人にも、ノンシリコンがおすすめです。

●髪の毛が細くて少ない人はノンシリコンがおすすめ
先ほどもご紹介しましたが、シリコンは髪の毛の表面に皮膜を作ることによって髪を重くし、くせを伸ばすという特徴があります。

ですから、髪の毛が多い人ならいいのですが、一本一本が細くボリュームのない人がシリコンを使ってしまうと、髪の毛が少なく見えてしまったりべたついたような見た目になることがあります。

トリートメントに配合されている成分配合によっても差はありますが、一般的に、髪の毛が少ない人にはノンシリコントリートメントは向いていません。

シリコン入りとノンシリコンどのように見分ける?

シリコン入りとノンシリコンの商品を見分けるとき、成分表を見ても「シリコン」とは書かれていません。

・メジコチン
・シクロメチコン
・シロキサン
・シリカ
・ジメチコン
・ジメチコノール
・アモジメチコン
などと記載されている商品には、シリコンが入っています。

くせ毛に効く洗い流さないタイプのトリートメント4選

それでは、くせ毛に効く洗い流さないタイプのトリートメントの中から、口コミで評判が良い商品を4つご紹介します。

紹介する商品を選ぶ際には
・くせ毛や広がりを抑えてまとまりやすくする
・べたつかずしっとりした仕上がりで使いやすい
という点にポイントを置いて選んでみました。

紹介するのはシリコン入りの商品3つ、ノンシリコンの商品1つです。
参考にしてみてください。

エルジョーダ エマルジョン+

ピンクのボトルがとても印象的でかわいい、洗い流さないタイプのトリートメント「エルジョーダ エマルジョン+」。
硬さのある太い髪に適していて、毛髪と親和性の高いケラチンCMADKがダメージを修復。
保水力のあるバオバブの木からとれるバオバブエキス、水分量を保つアクアコラーゲンの働きにより、保湿された柔らかで扱いやすい髪になれます。

乳液タイプ、シリコン入り(ケラチンCMADK/カルボキシメチルジスルフィドケラチン)です。

●価格
120g入り 2600円(税抜)

●メーカー
ミルボン

●ブランド
ディセーヌ

●使い方
・シャンプー後の濡れた髪に使います。

Step1: シャンプー後、タオルでしっかり水気をとる
Step2: 使用量の半量を手に取り、手のひらや指先、指の間までしっかり均等に伸ばす
Step3: 左右半分に分けた片側の内側から手を入れて毛先を握るようにもみ込む
Step4: 毛先を持ち上げ内側から指を通し、中間から毛先にかけて馴染ませる
Step5: もう片側も同じように行なう
Step6: 髪全体に行き渡ったらドライヤーで乾かす
*使用量の目安
ショート・ボブ:1プッシュ
ミディアム:2プッシュ
ロング:3プッシュ

●使ってみた人の口コミ
・これを使うとくせ毛が綺麗にまとまります。
・乾かしている時のツルっとした手触りが好きです。
・太い髪で強いくせ毛ですが、指通りのよいサラサラの髪になれました。
・これをつけてドライヤーをすると、一瞬で分かるほど効果が実感できます。
・見た目が可愛いし、硬毛で広がりやすいクセ毛の私ですが、すごくきれいにまとまります。
・ミルクタイプでべたつかず、香りがいいです。
【悪い口コミ】
・ヘアアイロンやドライヤーを使うと人工的な甘い匂いがします。
・仕上がりは悪くないのですがニオイが気になります。

●購入できる場所
楽天やamazonなどの通販サイト、スーパー、ドラッグストア、ドンキホーテなど。

>>エルジョーダ エマルジョン+の公式サイトはコチラ

*試供品・ミニボトルは販売されていません。

海藻ヘアエッセンスしっとり

洗い流さないトリートメントとして国内売上9年連続No.1の実績を持つ「海藻ヘアエッセンスしっとり」。
水を一切使わず、海藻の良質なミネラル、天然の保湿成分(オリーブ油、ローヤルゼリーエキスなど)によって、クセ毛、広がり、パサつき、乾燥、ダメージの強い髪をしっとりまとまる艶やかな髪にしていきます。

水を一切含んでいないので安定性が高く、防腐剤を使用していないのも魅力の一つ。

オイルタイプ、シリコン入り(シクロペンタシロキサン、ジメチコン)、無香料です。

●価格
140ml入り 4644円(税込)

●メーカー
ヤマサキ

●ブランド
ラサーナ

●使い方
・シャンプー後の濡れた髪に使います。

Step1: シャンプー後、軽くタオルドライする
Step2: 適量を手に取り、濡れた髪全体に馴染ませる。
Step3: 髪全体に行き渡ったらドライヤーで乾かす
*使用量の目安
ショート・ボブ:1~2プッシュ
ロング:2~3プッシュ

●使ってみた人の口コミ
・パーマやカラーでダメージの酷い髪の人にはすごく良いです。
・べたつかずサラサラさで使いやすいです。
・程よく髪がまとまってしっとりします。
・ショートヘアなのでコスパが良いです。
・使ってみた次の日の髪がしっとりサラサラで感動しました。
・美容師さんに髪綺麗だけどどうしたの?と褒められました。
・無香料なのが気にいっています。
・パサつきやすい人、広がりやすい人におススメだと思います。
【悪い口コミ】
・使い続けているうちにあまり効果を感じられなくなってきました。
・重めのオイルなので念入りにドライヤーをした方がいいです

●購入できる場所
公式サイト、楽天やamazonなどの通販サイト、スーパー、ドラッグストア、ドンキホーテなど。

>>海藻ヘアエッセンスしっとりの公式サイトはこちら

*公式サイトで3週間分25ml入りを販売しています

リシリッチヘアトリートメント

ノンシリコンで無添加の洗い流さないトリートメント「リシリッチ」。
オーガニック植物オイルなど50種もの美髪成分をバランスよく配合することでくせ毛を改善、サラサラの手触りを実現します。

また、ドライヤーの熱によって髪を補正するアミノリペア作用があるので、スタイリングの度にキューティクルを補修、ダメージを改善。

乳液タイプ、ノンシリコンです。

●価格
150ml入り 3000円(税抜)

●メーカー
ピュール

●ブランド名
自然派clubサスティ

●使い方
・朝と夜、1日2回使います。
・濡れた髪にも乾いた髪にも使えます。

・濡れた髪に使う場合
Step1: タオルドライする
Step2: 適量を手に取り髪に馴染ませる
Step3: ドライヤーで乾かす
・乾いた髪に使う場合
Step1: 軽くブラッシングして適量を手に取る
Step2: 髪に馴染ませる
Step3: ドライヤーの熱を当てる
*使用量の目安
ショート・ボブ:2~3プッシュ
ミディアム:3~4プッシュ
ロング:4~5プッシュ

●使ってみた人の口コミ
・細くてうねりやすくボリュームのない髪なので、ノンシリコンのリシリッチを購入してみたのですが、いつもより髪がまっすぐに伸びてまとまりやすくなりました。
・天使の輪っかができるようになり、切れ毛もなくなりました。
・パサパサだった髪がサラサラになり、旦那もびっくりしています。
・パサつく髪は昔からなのであきらめていましたが、ダメ元で使ってみたところしっとりサラサラの髪になれました。
・アイロンを使うと本当にキレイに髪が伸びます。
・毛先のパサつきが酷かったのですが、かなり改善されました。
【悪い口コミ】
・効果は良いのですがお値段が高いです。
・朝晩1日2回使うので、コスパが悪いです。

●購入できる場所
公式サイト、楽天やamazonなどの通販サイト、スーパー、ドラッグストア、ドンキホーテなど。

>>リシリッチヘアトリートメントの公式サイトはこちら

*公式サイトで60mlのお試しができます。

ディフレスカ(DIFRESCA)トリートメントミスト

潤いやツヤが欲しいときにいつでも使える洗い流さないタイプのトリートメント「ディフレスカ(DIFRESCA)トリートメントミスト」は、シリコンの力を生かしたスプレータイプのトリートメントです。

天然成分シルクエキスと天然由来成分(ローヤルゼリー、ハチミツなど)が髪のハリ・コシ・潤いを与えまとまりのある髪になることができます。

スプレー(ミスト)タイプのシリコン入り(アモジメチコン、シクロペンタシロキサン、ジメチコノール)。

●価格
250ml入り 2000円

●メーカー
ラボーテ・ジャポン

●ブランド名
ディフレスカ(DIFRESCA)

●使い方
・濡れた髪にも乾いた髪にも使えます。

・濡れた髪に使う場合
Step1: タオルドライで軽く水気をとる
Step2: 髪から10~15cm程離して湿らす程度の量を塗布
Step3: くしなどで髪全体に馴染ませる

・乾いた髪に使う場合
Step1: ブラッシングする
Step2: 髪から10~15cm程離して湿らす程度の量を塗布
Step3: くしなどで髪全体に馴染ませる
*使用量の目安
全体的に髪が湿る程度

●使ってみた人の口コミ
・スプレータイプでべたつかないのにしっかり潤います。
・癖が強いので夜寝るときはミルクタイプ、朝はこのディフレスカ(DIFRESCA)トリートメントミストを使っています。
・スプレータイプで乾いた髪にも使えるので朝のスタイリングに便利です。
【悪い口コミ】
・価格が高いです。
・いかにもシリコン入りという感じで、髪を洗う時はかなり水洗いしてからでないとシャンプーが馴染みません。
・気をつけて使わないと顔や首にミストがかかります。
・床につくと床が滑ります。

●購入できる場所
楽天やamazonなどの通販サイト、スーパー、ドラッグストア、ドンキホーテなど。

>>ディフレスカ(DIFRESCA)トリートメントミストの公式サイトはこちら

*試供品・ミニボトルは販売されていません。

まとめ

いかがでしたか?

くせ毛に効くトリートメントの選び方、くせ毛の人におススメなトリートメント成分、そして、くせ毛に効く洗い流さないタイプのトリートメントを4つご紹介しました。

くせ毛に効くトリートメント成分としては「シリコン」がおすすめ。
シリコンは髪に着けるもので頭皮に着けるものではありません。
そして、毎回きちんと洗い流すなど正しく使えば、頭皮に負担がかかることはありません。

くせ毛の人はシリコン入りのトリートメントを使うと、シリコンの皮膜の重みでくせ毛やボリュームのある髪を落ち着かせる効果が期待できます。
また、髪にツヤを出し、サラサラした指通りになることもできます。

とはいっても、髪質によってはシリコンを使うとペタッとボリュームがなくなってしまう人もいますし、シリコンが肌質に合わない、どうしてもノンシリコンにこだわりたいという人もいます。

なので、こちらではシリコン入りのトリートメントと、ノンシリコンのトリートメントをご紹介しました。

どれも口コミで評判がよく、人気の商品です。
くせに効く洗い流さないタイプのトリートメントを探しているという方は、参考にしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

mello womenの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

mello womenの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

yuki

yuki

自然派コスメのショップ店員、フリーライターの二足のわらじ。今は育児の傍らで自宅でライター業務のみ継続中です。
専門は、スキンケアやダイエットなどの美容関係、文学、歴史、サブカルチャー。

関連記事

  • 【絶対ダメ】くせ毛を抜くのはNG! チリチリ髪は正しい方法でケアしよう

  • 【温泉入るとくせ毛になる?】乾燥チリチリ髪に効く保湿・ヘアケア方法を徹底解説

  • 【厳選】くせ毛にオススメなトリートメント5選 ボタニスト,ひまわり…人気商品を解説!

  • 【くせ毛絶滅の日】スリークライナートリートメントの口コミ・解析まとめ【資生堂プロフェッショナル】

  • 【髪質は遺伝?】子供のくせ毛・天然パーマに効くシャンプーの選び方を紹介

  • 【くせ毛粛正!】ルベルイオセラムクリームを徹底レビュー 口コミ,効果,成分まとめ