1. TOP
  2. コスメ
  3. アイメイク
  4. 二重まぶたがバレない!?キレイに作れるアイテープ3選と作り方のコツ

二重まぶたがバレない!?キレイに作れるアイテープ3選と作り方のコツ

ぱっちりした二重まぶたを作るための定番アイテムの1つ「アイテープ」。
一重の人はもちろん、二重の幅を広くしたいという人たちにも愛用されています。

・お手頃な価格で購入できる商品も多いので、中高生でもお小遣いで購入できる
・毎日使っているうちに使い方にも慣れる
・クセがつくので1年くらい使い続けるうちに気づいたら自然の二重になっていることもある
という様にメリットがたくさん♪

ですが、アイテープといっても色々な種類があり、それぞれに特徴や使い方が少しずつ違います。
・使い方が難しそう
・以前使ってみたけれど、うまく使えなくて使用を諦めてしまった
・肌荒れしてしまう、使いにくいというような口コミを発見した

など、いざ購入しようと思っても、使いこなせるかどうか心配、どれがいいのか分からなくなってしまう…という人もいるのではないでしょうか。

そこでこちらでは、アイテープについての基本の使い方、種類別の特徴や使い方などについてまとめました。
また、実際にアイテープで二重を作っているという人たちの間で人気が高く、評判の良い商品を3点ご紹介するので、参考にしてみてください。

アイテープの基本的な使い方の流れ&ポイント3つ

(出典:http://www.d-up.co.jp/wonder_eyelid/)

アイテープを使う時は、まず、まぶたや指を清潔にし、油分を拭き取っておきましょう。
油分のある肌で使うとはがれやすくなります。

まぶたや指を清潔にしたら、
Step1:プッシャーで二重のラインを決める
Step2:アイテープを貼る
Step3:目を開けて二重の形を整える
というような流れで使います。

そして、上手に二重を作るポイントは、3つあります。
1. 理想のまぶたになれる貼り位置に貼る(決めたラインの下)
2. 自分のまぶたの形に合わせて貼る(目じり・目頭にはみ出た部分は切る)
3. 肌に負担をかけないものを使う(素材)

1.理想のまぶたになれる貼り位置に貼る

アイテープは、テープと一緒にプッシャーが入っている商品が多いです。

なので、まず何も貼っていない状態のまぶたにプッシャーを当て、二重のラインを作りたい部分を押さえてください。
プッシャーでまぶたを押さえたまま目を開けると、二重のラインを確認できます。

二重のラインが決まったら、二重のラインの下にアイテープを貼ります。

決めたラインよりも上に貼ってしまうと、より目が大きく見えるかな?と期待してしまいますが、不自然な開き具合になってしまいます。
自然な二重を作るには、ラインをオーバーしないようにテープを貼るのがポイントです。

●アイテープを使うと失敗して三重になる…という人へ
目をパッチリ見せたい、大きく見せたいと欲張って二重の幅を広く取ってしまっていませんか?
欲張ってしまうと三重になってしまうことがあります。
奥二重のラインにぴったり重ねるようにアイテープを貼るとうまくいきます。
また、幅を広く取りたいのであれば、細いテープではなく太いテープを選んでみてください。

2.自分のまぶたの形に合わせて貼る

自分のまぶたに合わせてカットして使ってください。

アイテープの幅が広いと、アイテープを使用していることがバレてしまいやすくなりますし、目じりや目頭から飛び出た部分が浮いてしまって剥がれやすくなります。

カットする時は、はさみで皮膚を切らないように気をつけてください。
はさみの刃が皮膚と反対側を向くようにして使ってくださいね。

3.肌に負担をかけない素材の商品を使う

アイテープは便利に使えます。
ですが、接着力が強いものだと肌荒れの原因になりますいし、接着剤によってはアレルギーを起こすものもあります。

なので、敏感肌の人はもちろん、肌が丈夫と思っていても体調などによっては肌荒れすることもあるので、なるべく肌に負担をかけない素材で作られているものを使うようにしてください。

肌がかぶれてしまったのでは二重を作るどころか、アイメイクもできなくなってしまいます。

●もしかぶれてしまったら?
もし、かぶれてしまった、赤くなってしまった、痒みが出た…という場合は、使用を中止し、症状がひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

●アイテープでかぶれやすい人の対処方法
まず、かぶれを起こす前、肌に赤みが出た、痒くなってきたというような段階で使用を中止しましょう。
無理に使うと、まぶたの皮膚は薄いのですぐに酷いかぶれになってしまいます。

そして、肌を休め、症状が落ち着いたら使っているアイテープを違う素材のものにする、アイプチにする、二重美容液にするなどアイテムを代えるなどしてみてください。

先ほどもご紹介しましたが、接着剤によってはアレルギーを起こす成分が使われていることがあるので、アイテムを代えれば問題が解決できることもあります。

アイテープの選び方【粘着剤や素材、形状は様々】

アイテープには、医療用の粘着剤を使っているものが多いです。
ですから、肌荒れの心配はない…というのが一般的な概念ですが、やはり毎日使うと摩擦などによって肌荒れが起きることもあります。

素材は、布テープ、絆創膏など。

テープの形状は、三日月型、楕円形、半月型、ファイバー型などがあります。

また、透明、肌色、ラメ入りなど色も様々です。
色を選ぶ時は、自分のメイクの方法(アイメイクをしっかりする→ラメ入り、ほとんどしない→肌色など)で選んでみると良いですね。

複数の種類を購入して、ファッションや目の状態によって使い分けるのもいいと思います。

目立たなくするコツ

アイテープはまぶたに貼り付けるものなので、どうしても目立ってしまって二重を作っているのがバレる!という心配があります。

後ほどご紹介するアイテープは、目立ちにくいものを選んでみましたが、それでも目立ってしまうのでは?ばれてしまうのでは?と心配な方は、目立ちにくくなるコツを試してみてください。

●アイテープを貼る前にアイシャドーを塗る
アイシャドーを塗るとき、アイテープを貼ってからしっかり塗ろうと思うと濃くなってしまいますし、端からはがれてしまうことも。
なので、アイテープを貼る前にアイシャドーを塗ってみてください。

●ワセリンを塗る
アイテープの上にワセリンを塗り、その上からファンデーションを塗ります。
ワセリンによってファンデーションのノリが良くなるので、アイテープが目立ちにくくなります。

*アイシャドーやファンデーションを塗るときは、接着面に着いてしまうと接着力が弱くなるので、アイテープを台紙から剥がす前に塗ってくださいね。

剥がし方

肌への負担を最小限にするためにも、必ず毎日剥がし、肌を清潔にし、そして肌の調子を確認してから張り替えてください。

アイテープを剥がす時に、引っ張ってしまうとまぶたの皮膚に負担をかけるので肌荒れの原因になります。
なので、クレンジング剤や水を含ませたコットンで優しく拭き、アイテープの粘着力を弱めてからそっと剥がしてください。

使用後は、アイクリームなどで十分に保湿し、皮膚を休ませてあげましょう。

アイテープの種類別の特徴と使い方

アイテープといっても色々な種類があり、その形状も様々。

使っている人が多い種類は「両面接着タイプ」、「片面接着タイプ」、「ファイバータイプ」の3種類。
なので、こちらではこの3種類の特徴と使い方をご紹介します。

両面接着タイプ

両面接着タイプのアイテープは、テープの両面に接着剤がついていて、まぶたとまぶたをくっつけることによって二重が作れるようになっています。

アイプチと似ていますね。

でも、まぶた同士をくっつけるので二重のラインを広すぎに設定してしまうと、目を閉じたときにもまぶたが引きつって目が閉じられないということになり、違和感のある目になってしまいます。

●どんな人におススメ?
・まぶたが厚い人
・二重のラインをハッキリさせたい人
・アイプチのように乾かす手間がないので便利で簡単、時間を短縮したい人
・幅は控えめの二重が良い人

●使い方のコツ
基本は、【アイテープの基本的な使い方の流れ&ポイント3つ】のところで紹介した使い方です。
商品の説明書で違う部分があれば、その部分は商品の説明通りに使ってください。

片面接着タイプ

片面接着タイプのアイテープは、片面だけに接着面があります。
そして、アイテープの上の皮膚がかぶさることによって二重のラインができます。

まぶた同士を接着させるわけではないので、広めの二重幅を作っても自然です。

●どんな人におススメ?
・まぶたの皮膚が薄い一重の人
・奥二重の人
・アイプチのように乾かす手間がないので便利で簡単、時間を短縮したい人
・幅が広い二重を作りたい人

●使い方のコツ
基本は、【アイテープの基本的な使い方の流れ&ポイント3つ】のところで紹介した使い方です。
商品の説明書で違う部分があれば、その部分は商品の説明通りに使ってください。

ファイバータイプ

ファイバータイプは、ファイバーを皮膚に食い込ませることによって二重を作るアイテープです。

細い粘着性のファイバーで目立ちにくく、自然でばれにくい二重ができること、そして、奥二重をパッチリした二重にできる特徴があります。

ですが、両面接着タイプ、片面接着タイプのアイテープに比べると慣れるまで使い方が難しいというデメリットがあります。
また、接着面が片面・両面タイプに比べると狭いので、まぶたが重い、腫れぼったい人は溝が作れず、使いにくいこともあります。

●どんな人におススメ?
・まぶたが薄い人
・奥二重の人
・二重まぶたの調節をしたい人
・慣れるまでじっくり練習できる人

●使い方のコツ
ファイバーテープは、ピンと張った状態になるまでグッと引き伸ばして使いましょう。
決めた二重ラインに強く押し当て(真ん中→目頭→目尻の順)、何度かまばたきをして食い込ませ、貼り付けます。

●接着が弱い…という人は?
ファイバータイプは接着面が狭いので、剥がれてしまいそうで不安という人は、アイプチと併用することで強度が増します。

・ファイバーを貼る前にアイプチを使う方法
ファイバーを貼り付ける前に、二重を作るラインにアイプチを薄く塗って乾かし、完全に乾く前にファイバーを貼り付けます。

・ファイバーを貼った後にアイプチを使う方法
ファイバーを貼り、余分な部分をはさみでカットした後に目尻と目頭の部分に薄くアイプチを塗ると強度が増します。

便利で簡単に使える!と評判の良いアイテープを3点ご紹介します!

ここまでにご紹介したように、アイテープとは、二重にしたいラインに沿ってまぶたにシールを貼ることで二重のラインを作る二重まぶたを作るアイテムです。

二重のりや二重美容液のような液体タイプだと、液の量の調整が難しかったり、乾かす手間があったり…と不便を感じてしまう人も。

でも、アイテープなら貼るだけなので時間も手間もかからず簡単で便利。
また、やり直しができるのも魅力ですよね。

このようにアイテープには、
・簡単に使える
・初めての人でも使いやすい
という点でメリットがあります。

しかし、メリットがあればデメリットもあるのが世の常。

・アイメイク(アイシャドウなど)が取れやすい
・アイメイクがしにくい
・テープなのでバレやすい
・テカって不自然に見える
・時間が経つとテープが端から取れてくることがある
というようなデメリットもあります。

デメリットを挙げてしまうと、結局のところアイテープって使えないのでは?と思ってしまう人もいるかもしれません。
ですが、アイテープを使っている人はたくさんいます。

そこで、このようなメリット・デメリットを踏まえた上で、アットコスメや楽天などで人気の商品をピックアップし、私なりに特徴を分析しました。
そして、その中でも扱いやすく、特に人気があり、評判の高いアイテープを、両面・片面・ファイバータイプそれぞれ1点ずつ、計3点ご紹介します。

ワンダーアイリッドテープ エクストラ

●価格
1000円(税抜)

●メーカー
ディー・アップ

●ブランド名
D-UP(ディーアップ)

●タイプ
両面接着タイプ

●買える場所
楽天市場・amazonなどの大手通販サイト、ドラッグストアなど

●使ってみた人の口コミ
・奥二重の目に使っていますが使いやすいです。
・思い一重ですが、キレイな二重ができます。
・夜寝る前に貼って寝ると翌朝二重になっていて、夕方までなんとか持ちます。
・かなり強力な粘着力なので重い一重でもきれいな二重ができます。

【悪い口コミ】
・朝つけて夕方頃にはテープがうっすら光って見えてしまうことがあります。
・端が尖っていて目頭が少しチクチクするので先を切って使っています。
・強力で夕方まで剥がれないのは安心なのですが、粘着力が強く、剥がす時に痛いです。

のび~るアイテープ絆創膏タイプ

●価格
50回分 100円(税抜)
※amazonだと少々高めですが、お家に届くので楽ですね!

●メーカー
大創産業

●ブランド名
ザ・ダイソー

●タイプ
片面接着タイプ

●買える場所
100円ショップ(ダイソー)

●使ってみた人の口コミ
・絆創膏タイプなのでバレにくいです。
・100円なので試してみようかな?と思って使ってみたらかなり使えます。
・クリアタイプのほうが目立ちにくいかな?と思いましたが、絆創膏タイプの方が肌に馴染んで自然です。
・コスパ最強です。
・剥がす時に全然痛くないのがいいです。
・今まで両面タイプのアイテープやアイプチを使って肌荒れしましたが、これは大丈夫でした。
・取れにくいので本当におススメです。
・100円なので何度やり直してもOK、二重つくりの練習がしたい人にもおススメです。

【悪い口コミ】
・とても重たい一重なので、まぶたの脂肪に負けてしまいました。
・むくみが酷く、目が腫れている時には使えません。

マイクロファイバーバリューパック

●価格
252本入り 1800円

●メーカー
ビー・エヌ

●ブランド名
ビー・エヌ

●タイプ
ファイバータイプ

●買える場所
楽天市場やamazonなどの大手通販サイト、ドラッグストアなど

●使ってみた人の口コミ
・少し高いですが、優秀なお品でびっくりしました。
・アイシャドーを上から塗ってもびくともしません。
・まだ1回目ですが、結構簡単にできました。
・自然な二重がぱっちりして目が大きく見えます。
・切れたりしないし持ち手もついているので使いやすいです。
・粘着力も良くて朝つけて夕方になっても取れません。
・強烈な奥二重ですが、とても使いやすかったです。
・プールやサウナなどでも剥がれません。
・透明なのでばれにくいです。
・色々試してみましたが、慣れるとこれが一番良いです。

【悪い口コミ】
・使うのが難しいです。
・慣れるまで練習を積まないといけない感じです。

二重まぶたが上手く作れない人は練習あるのみ!

ここまでにご紹介したように、アイテープの使い方は、片面・両面・ファイバーに大差はありません。
ファイバーの場合、接着面が細い、ピーンと張った状態で付けるという点が難しいという人もいます。

しかし、どのタイプも「二重のラインを決めて、そのラインを超えないようにアイテープを貼る」というのが基本。
なので、ラインを決めてテープを貼ることができれば、どんなアイテープもすぐに使いこなせるようになります。

すぐに自分が理想とする二重まぶたを作れるようになる人もいればそうでない人も。
でも、練習をすれば上手にできるようになります!

100円ショップなどで購入できるアイテープで練習を!

100円ショップなど、お手頃価格で購入できるアイテープを使って練習するというのも、二重まぶたを作れるようにするための1つの方法。
100円ショップで購入できるアイテープなら、どれだけ失敗しても良いですよね♪

先ほどご紹介した「のび~るアイテープ絆創膏タイプ」以外にも、100円ショップで購入できるアイテープは色々あります。
プッシャーの使い方も練習できますし、片面接着だけでなく両面接着も販売されています。

ただし、接着成分や素材が肌に合わない、毎日使っていると肌荒れしてしまうという口コミもあります。
なので、肌荒れには十分に気をつけて使ってみてください。

・二重のラインがスムーズに決められる
・アイテープをスムーズに貼れる
というようになったら、より自分の肌に合う、使いやすいアイテープを探してみると良いですね

あとがき

いかがでしたか?

人気で評判の良いアイテープを3点ご紹介しました。

貼るだけで簡単に二重まぶたが作れるアイテープですが、「簡単」とはいっても
・練習して慣れる
・自分のまぶたの特徴を把握する
など、努力が必要。

1~2回程使ってみて、使いこなせない…と諦めてしまうのではなく、こちらでご紹介した使い方を参考にしながら練習し、皆さん自身が理想とする二重を作ってみてくださいね。

でも、アイテープは肌が弱い人だと使えないということが多いです。
大事な時だけ使う、短時間だけ使うというのであれば良いですが、長時間毎日使い続けるとなるとまぶたの皮膚に負担がかかります。
まぶたは特に、皮膚が薄い部分ですし、肌荒れして炎症するようなことがあると、アイメイクができなくなってしまうというだけでなく、色素沈着やたるみなどの原因にもなります。

もし、
・アイテープだとかぶれる
・せっかくアイテープで二重を作っても、夕方まで持たない(剥がれる、取れる)
・まぶたに張り付く感じがイヤ
・消えない二重を手に入れたい
・アイテープが合わなくて二重整形を考えている
というような人は、二重まぶたを作るアイテムとして二重美容液を使ってみるという方法もあります。

例えば、「ドリーミンアイリッチ ナイトエッセンス」という二重美容液なら、美容液成分がたっぷり配合されていて、夜寝ている間に二重まぶたを作れます。

朝、忙しいときにバタバタ二重を作らなくても、夜寝る前にゆっくり作ればいいですし、毎日使っているうちに消えない二重まぶたが手に入りますよ。

今ならキャンペーン価格で始めてみることができるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

\ SNSでシェアしよう! /

mello womenの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

mello womenの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
スポンサーリンク

ライター紹介 ライター一覧

yuki

yuki

自然派コスメのショップ店員、フリーライターの二足のわらじ。今は育児の傍らで自宅でライター業務のみ継続中です。
専門は、スキンケアやダイエットなどの美容関係、文学、歴史、サブカルチャー。

関連記事

  • 自力で二重まぶたになった人の体験談は本当?癖付け方法とかかる期間は?

  • ドリーミンアイリッチはドンキに売ってる?市販での販売状況を調査!

  • ドリーミンアイリッチナイトエッセンスは本当に二重まぶたになれる?検証してみた!